投資顧問を見極めましょう!

投資顧問の役割とは何か?

投資顧問の役割とは、言うまでもなく投資助言をとおして顧客に利益をもたらすことでしょう。
しかしながら、この“利益”は必ずしも保証できるものではありません。
投資顧問には投資助言と投資一任を受けて運用する二種類がありますが、PLUSSOは投資助言業者となります。

上述したように、利益を保証しているわけではないため、投資顧問の利用は精度を高め投資パフォーマンスの向上をはかるといったイメージが適切ではないでしょうか。
つまり、ハッキリ言ってしまえば投資顧問を利用したからとて、必ず儲かるわけではなく損することもあるということです。
投資顧問の役割を考える人々
この点を、投資顧問を利用すれば必ず儲かると誤解してしまうと、いざ損失が出てしまったときには非常にガッカリするでしょう。
ガッカリするだけなら良いですが、なかには『騙された』と感じる人も少なくないでしょう。それゆえ、投資顧問会社に対する消費者の評価に厳しいものがあるのは当然ということです。

期待していたものと逆の結果が訪れれば、言葉は厳しくなり批判したくなるのが人間ではないでしょうか。
それは1つのリアルな意見として尊重されるべきですが、ここ最近の投資顧問会社に対する評価や口コミにおいては大きな疑問符があります。

あからさまに業者が批評サイトを作成し、誹謗中傷の口コミを投稿してるような状況が多々見受けられます。
同じ業界で競合する会社をこき下ろしてイメージダウンをはかるという手法は、古くから存在するステルスマーケティングの一環でもあります。

PLUSSOもそうしたステマのネタとして利用されているため、悪評の口コミが絶えないですし、根も葉もない嘘の口コミが大量に拡散されているという厳しい現状があるのではないでしょうか。
本当の消費者からの意見であれば真摯に受け止めるべきですが、ウソの口コミはどうしようもありません。

この悪質なステマに対応しようにも、サイトの運営元や運営者が一切わからないため対応のしようがないのも事実でしょう。
そもそも情報発信元が不明というだけでかなり怪しいことがわかりますが、一般の消費者はそうしたネット業界の事業にはそこまで詳しくないでしょう。

単純に目にしたものを信じてしまう傾向があるため、ウソの書き込みであってもそれを大量に目にしてしまえば信じてしまうでしょう。
ネット上の書き込みなどが嘘か事実か見極めるのはなかなか困難な作業です。

このように卑劣な業者により風評を受けているプラッソですが、リニューアルを行いサイト利便性の向上をはかったりと、顧客サービスに取り組んでいますし、投資顧問として顧客と真摯に向き合ってるといえるのではないでしょうか。

投資顧問の役目は顧客に利益をもたらすことですから、この先も顧客の信頼を勝ち取っていくためにも実力で証明していく以外にないでしょう。